中川式腰痛治療法ストレッチの底力。効果と注意点。    

腰痛の悩みを根本から治したい

20年近く腰痛とおつきあいしてきた私ですが、引っ越しで頼りにしていた整骨院に通えなくなってしまったのをきっかけに、自分でなんとかしなくてはいけないと思うようになりました。

ぎっくり腰を繰り返していて、いつまたギクッとなるかわかりません…

ぎっくり腰の症状が治まっても、いつも朝起きる時は腰の痛みがあって、慢性の腰痛症になってしまっていました。

対症療法ではなく、できれば根本から治したい。

悪化させて手術せざるを得ないような腰痛にはなりたくない。

そんな思いでインターネットで探していたところ、中川式腰痛治療法DVDが紹介されているのを見つけました。

2016年10月末のことです。

検討してDVDを購入し、ストレッチを実践し続けることで実際に腰痛を改善することができました。

実践した経験を通して、購入する前に確認しておいた方がより安心して取り組みやすくなる点などがわかりましたので、詳しく紹介します。

同じ腰痛の悩みを抱えている方・DVDを購入しようか迷っている方の参考になれば、嬉しく思います。

中川式腰痛治療法を開発された中川卓爾(たくじ)氏

中川卓爾先生のプロフィールです

昭和12年
旧満州大連に生まれる
昭和35年
東京教育大学(現筑波大学)卒業、運動医学専攻
昭和35年~50年1月
大阪・京都にて高校保健体育教諭として尽力。陸上・水泳・テニス部を指導
昭和50年1月~55年末
阪神タイガーストレーニングコーチに就任
吉田監督のもと、江夏・田淵・掛布・眞弓・小林・江本・藤田・中村選手等の強化とケアにあたる
昭和56年~平成3年
豊田市齊藤病院機能訓練室長となり、延べ50万人の肩・首・膝・腰 痛の治療にあたる
その間にプロゴルファーのトレーニングコーチ、中京大学の講師も兼任する
平成3年9月
独立し、鞍ヶ池ヘルスケア設立。院長になる中川卓爾先生は、体育教師で運動部の指導に尽力され、その後プロの野球やゴルフ選手のトレーニングに携ってこられ、その経験を生かして治療院を設立されています。

プロ野球の、江夏・田淵・掛布・眞弓選手の皆さんなら、野球オンチの私でも名前を知っているくらいです。

これらの活躍してきた選手の皆さんに信頼されてトレーニングにあたってこられた方なのです。

万人向けの腰痛治療方法

スポーツをすることに興味の無い私には向いていないかな?

スポーツをしない人にはどうなんだろう?

私は学生時代運動部には所属していませんでした。
好きなのは登山(トレッキング程度)くらい。

体を動かしたり鍛えたり競ったりというよりは、山を登ったときに見える景色や高山植物が好きという理由ですが・・・

そんな疑問を抱きながら、公式サイトを見てみました。

すると・・・

「腰痛の病状に悩まされていませんか?」という語りかけから始まり、実践者の生の声を収録した動画が紹介されていますが、特にスポーツをやっているという方々ではなく、生活のなかで悩んでおられる方々でした。

「30年以上にわたり、腰痛で悩んでいる方を、一人でも多く助けたい想いで活動と研究を行ってまいりました。」

そして、「腰痛に悩んでいる一人でも多くの方の痛みを緩和してあげたい」からこのホームページを立ち上げ、
「いままでどんな治療法でもダメだった方でも大丈夫」
と、おっしゃっています。

続いてお二人の体験動画が紹介されています。
84歳の高齢の方でも改善できているようです。

その方(女性)は、「自分で治す気力を持って一生懸命、先生の言うとおりにリハビリをしていきたいと思います。」と結んでおられました。

もう一人の方は、趣味で登山を20年以上されてきた60歳の女性でした。

ストレッチを毎日行っていったら、すべり症の痛みが軽減していったそうです。

中川先生の治療法は、一般の方から、プロスポーツ選手まで幅広く対応できるようです。

そして、「一時的な治療ではない」という事。

腰痛は一生つきあっていかなくてはならない宿命かと思っていた私にとって、ほんとうに救いとなるのではないかと感じました。

私の場合はぎっくり腰ですが、

腰痛には様々な症状があります。

坐骨神経痛

脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア

すべり症

脊椎分離症

変形性脊椎症

腰椎分離症

そしてこれらの症状を治療するために、病院ではブロック注射手術を勧められることもあります。

ところがこれらの方法は、一時しのぎであったりします。

根本的な治療になっていないのです。

中川先生は、中川式ならこのブロック注射や手術をしなくても完治させることができると症状別に解説してくださっています。

腰痛になる原因

ところで、腰痛の原因とは何なのでしょう?

先生はズバリ!「腰を使っていないから腰痛になる」と断言されています。

そして、腰痛の原因は腰以外の「ある部分」を正しく使っていないことにあり、

その「ある部分」の正しい動かし方をしていけば、必ず治るとおっしゃっています。

その動かし方(治療法)は「自宅で出来る簡単な方法」で、「必要なのは腰痛を治すんだ!という気持ちです」とありました。

私の住んでいる所から信頼できる治療院まで車で通うには片道1時間かかります。

私は50代で、まだまだ仕事は続けていきたい。

それまで腰痛なんかに悩まされている場合ではありません。

それからあとも健康で人生を楽しみたい!

もしかしたら、思わぬ事が起きて、うまくいかないこともあるかもしれません。
思い通りにならない事だってあります。

でも、自分の努力で解決できる事であるならば、その可能性があるならば、やってみよう。

あのときやっておけばこんな事にならなかったのに・・・と、やらずに後悔したくない。

やるだけやってうまくいかなければ、また次の手を考えても遅くはない。と思いました。

腰痛治療にかかる費用

さて、すぐにでも申し込んで実践したいと思いましたが、費用のことは気になりました。

中川式腰痛改善法DVDは19,800円。

金額だけで見れば安いものではありません。

ではこれが最後の投資だと考えればどうなのでしょうか?

このDVDでしっかり腰痛が治るならば、今まで腰痛・ぎっくり腰にかけてきた費用を考えれば安いとも言えます。

私がお世話になった整体師さんのマッサージは保険がききません。

一時間で8,000円でした。

週一回通って一か月続けたら32,000円です。(割引もありますが、それでも軽く20,000円はいくでしょう)

保険のきく整骨院でも、通う期間が長くなりますので、つもりつもれば、大きいです。

一回500円でも週一回一年通えば、500円×50週=25,000円

腰のメンテナンスのために、一生通うことになれば、かなりな金額です。

そう考えればDVD代19,800円は安い買い物です。

今度こそしっかり治してみようと思い至り、DVDとテキストのセットの購入の申し込みをしました。

中川式腰痛治療法ストレッチの実践

すぐに申し込み受付とお礼のメールを頂き、後日DVD+テキストが届きました。

そしてサポートメールも頂きました。
サポートメールは一か月間毎日届きました。

内容は、腰痛を解消する上で役立つ情報や、現代医療の問題点、中川式の治療法などについてのお話しです。

治療の手順としては、

①「理論編」を読み、中川式治療法についての理解を深め、腰痛になる原因を知る。

②「実践編」で自分の腰痛の症状から、病名を知って、

③ DVDを見て実際にストレッチ&トレーニングを行う

読むのが面倒な方は最低②と③の行程だけでもOKとあります。

テキストの大きさはA4版で、文字が大きくて読みやすく語りかける文章で親しみやすいです。

イラストも多用されていて、腰痛の原因がどこで、どんな風に起こるのかということがよくわかりました。

ぎっくり腰を繰り返してきた私ですが、この時は腰痛が慢性化していました。

「実践編」で確認すると、症状からみて変形性脊椎症のようでした。

「腰痛の原因を知る」のページで、自分の症状をたどっていくと、腰痛の原因になっている病名が解るようになっています。

さらに整形外科で診断してもらえば症状名がはっきりわかりますので、安心して取り組めます。

DVDでさっそくストレッチを実践してみました。

すると、今まで動かしたことのない部分をストレッチするせいか、DVDのモデルさんのように体が柔軟にはいかなくて、体(筋肉)の硬さが身にしみました。

毎日少しずつでいいとのアドバイスなので、できる範囲でやりました。

初めのうちは体を動かしただけで、めまいがするような感覚もあって、どれだけ運動不足なんだと思い知らされました。

わからない事は無料メールサポートと電話サポートを活用

DVDに合わせてストレッチをしていくうちに、わからないことが出てきましたので、無料メールサポートを利用して質問しましたら、12日後にお返事をいただき、わからない点を解決することができました。

このメールサポートは購入後三か月以内なら、何回でも質問することができます。
また、電話サポートもあります。

電話サポートを利用したことはありませんが、診療時間内に問い合わせることが出来、診療中ですぐに対応できない場合は、あらためて時間を指定して、対応していただくことになります。

その後も、毎晩寝る前に「デイリーストレッチ」をしました。
左右対称に、丁寧にやりました。

やってみると、右と左では感覚が違います。

私の場合は左の方が違和感があり、体の歪みがあることが実感できました。

メールサポートのアドバイスでは、

「DVDの中のやってはいけない物はないので、特に硬いところやバランスの悪いところを重点的に行ってください」

「今まで動かしていないところを動かしていくので一時的に痛みが強くなったり痛みの場所も変化します。」

「悪くなるほうに動かしているのではないので少しずつ続けてください」

などなど・・・
ほんとうに不安を解消してくださるアドバイスをいただき、安心してストレッチを続けることができました!

一か月で腰痛が改善しました!

すると、今までは夜中に腰が痛くなって、特に朝起きるときが一番痛くてつらかったのに、その痛みが無くなっていました。

私の場合一か月もかからなかったです。

それからも毎晩ストレッチを続けました。

ストレッチにかかる時間は、丁寧にメニューを全部こなしても、15分あれば十分です。

大切な事は、継続すること

ところで・・・
人間だれでも長い間同じ事をやっていると、どうもマンネリになってしまうというか、とくに私はそうなのかもしれませんが(^^ゞ・・・

寝る前のストレッチがテキトーになってきていたことに気が付きませんでした。

眠い時など、やらずに昔覚えた操体法の基本動作をやって休んでしまうことが多くなりました。

そんな暑い夏の朝、寝不足気味で起きて洗濯機に洗剤を投入しようと、ほんとうにちょっと体を傾けただけで、ぎっくり腰を再発してしまいました・・・

何とか部屋に戻ってテキストの目次からぎっくり腰の所を探して読みました。

「症状別の原因と治療法」「こんなときにぎっくり腰になったら」の所に、対処方法が書かれていました。

まず、ゆっくり前屈をして膝を曲げて起き、また前屈します。

とありましたので、おそるおそるやってみました。

これはできました。

続いて、これが少しできるようになったら、厚めの本などで、つま先がかかとより高くなるようにして前屈し、腰と背中の筋肉を伸ばします。

とありました。

こちらもできました。
そして・・・これができるようならひと安心

と、書かれていましたので気持ちを落ち着かせることができ、重症ではないということもわかりました。

あとはDVDの「ぎっくり腰を治す」見ながらストレッチを実践


こわごわやりましたが、実際にやってみると、悪化させる動きではないのがわかりました。

おかげで仕事を休む必要もなく、ぎっくり腰を治すことができました。

1か月後にはぎっくり腰になる前よりも腰の調子が良くなりました。

ぎっくり腰の再発は私自身に問題があって、いつの間にか省略形の自己流になってしまっていた結果でした。

この経験から、テキストとDVDには必ず対処方法が載っていて、その通りに素直に行っていけば、必ず腰痛を改善できるという確信を得る事ができました。

その後は毎日ストレッチを欠かさず実践しています。

あれからもうすぐ一年が経とうとしていますが、ぎっくり腰は再発していないです。

中川式腰痛治療法はとてもシンプルなストレッチですが、30年で延べ50万人の腰痛患者を救ってこられた経験から編み出された究極の方法なのです。

こんな簡単でいいの⁉ と思うほどシンプルですが、だからこそ続けられるのです。

ストレッチベンチについて

治療に効果のあるというストレッチベンチを勧められますが、私の場合、家が狭いため置く場所がありません。

今のところ購入はしていませんが、ストレッチのみで十分対応出来ています

まとめ・購入する前に確認すること

私が中川式腰痛治療法ストレッチをするようになって、1年半が過ぎました。

職業は介護職ですが、手放せなかったコルセットもよほど腰に負担のかかる時以外はまったく使用しなくなりました。

朝、腰痛のためやっと起きていたあの頃がうそのようです。

一日15分の簡単なストレッチを継続できる

自己流にならないように、必ずDVDを見ながらストレッチをする

これに気を付けることができれば、購入して無駄になることはないと思います。

毎日コツコツと、

同時に食生活や日常の動作にも気を付けてストレッチを続けます。

腰痛がひどすぎて不安な場合は、公式サイトで確認ができますし、

問い合わせもできますので、ご確認下さい。

あなたが、つらい腰痛でお悩みなら、一日も早く腰痛のつらさや不安から解放され、これからの人生を楽しんでいかれますように願っています!

関連記事

80代の父が腰痛で動けなくなったときがありました。昔から腰痛持ちでしたが、何日も動けないのは初めてでした。とにかく一日中じ~っとしていました。はたして少しずつでも動いた方が良いのか、安静を保った方が良いのか。見きわめるポイントがあります。
ぎっくり腰になると、ひどい時は寝返りも出来なくて、ほんとうにつらいものですが、何日かすれば改善はしてきます。もし痛みがなかなか消えず、むしろ痛くなっていったり、脚がしびれていたり、ツッパリ感が伴う場合は要注意です。
先日テレビを見ていましたら、子育て中の若いお母さんが、脊椎圧迫骨折になって、半年も苦しんだということが話題になっていました。脊椎圧迫骨折は激しい腰痛を伴うものですが、若いお母さんがなってしまったのは珍しいことなのです。その原因は意外なもので、食べ物にありました。
腰痛の治りが悪い場合、食べ物にも関係があるらしいのです。 とくに関係のある食べ物について調べてみました。 甘いもの とくに...
忘年会の季節がやってきました。お酒を飲む機会も多くなってきましたが、ぎっくり腰で腰が痛いとき、お酒を飲んでも大丈夫なのでしょうか?
ぎっくり腰になると、痛みのために体は動かせない。それでも仕事や家事はやらなくてはならない。外出時になってしまった!気持ちばかりがあせります。どうしたらいいか・・・いざというときのために、対処方法・応急手当の方法をまとめました。
一度ぎっくり腰をやると、再発をくり返すことが多いのです。急性の痛みは無くなっても、本当の原因を取り除かない限り、またぎっくり腰になってしまいます。今までいろいろな方法を実践してきましたが、ようやくその本当の原因を取り除く方法にたどり着きました。
ぎっくり腰のように急性の腰痛はまず患部を冷やす必要がありますが、逆に温めたほうが良い腰痛もあります。ぎっくり腰も改善してきたら温めます。温める必要のある腰痛と温め方の注意点についてまとめました。
ぎっくり腰の痛みをなんとかしたい!とりあえず思いつくのは、温めることと冷やす事ですが、やり方を間違えるとよけいに痛みがひどくなってしまいます。応急処置として患部を温めるほうがいいのか、冷やすほうがいいのかをまとめました。
疲れがたまっていた朝、ぎっくり腰を再発してしまいました。とにかく痛くて歩くのもやっとでした。仕事に出掛けなくてはいけないし、家事もやらなきゃいけないし・・・時間は迫ってくるし・・・中川式腰痛治療法DVDでどこまで回復できたか!一週間の記録です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする