うどの美味しい食べ方は?春の味覚の意外な効用

「ウドは血のめぐりにいい」という近所の80代のおばあさんの話に興味を感じて調べてみました。

そうしたら、こうありました。

ウドに含まれている「ジテルペンアルデヒド」(舌をかみそうな名前(>_<))という成分は、血液循環をよくし、疲労回復に効果があるのだそうです。

ほんとうに、おばあさんがおっしゃっていたとおりでした。

知恵のある方だなあと思います。

さらに、嬉しい情報も!

「クロロゲン酸」という抗酸化性を示す物質も含まれていて、
日焼けによるメラニンの抑制などの効果があると言われているそうです。

紫外線が一番強いといわれているこの季節にぜひとりいれたい山菜ですね。

ちょうどそんな時期に「食べて~」と土の中から出てきてくれるウド。

なんだか「ウドの大木」なんて言うのが申し訳ないような気がしてきました。

その上がんの発生予防効果もあるそうです。

ほかには、疲れにくく、抵抗力を保つと言われる「アスパラギン酸」が豊富に含まれていて、

アンモニアなどの有害物質を体外に排泄し神経を守る効果もあるのだそうです。

いいことずくめのウドなのですね。

ウドを漢字にすると「独活」

いかにも生命力のありそうな名前です。

木ではなくて草の仲間なんだそうです。

2~3メートルまで成長して、冬には枯れる多年草だそうです。

だから根っこまで抜いちゃったらNGですね。

来年のために残しとかなきゃね。

採取方法を調べたら、

「何本か束になって生えてくることが多いので、必ず1~2本残して根ぎわから切り取る」

とのこと。

私は見分けるのがちょっと苦手なので、今の時期スーパーの栽培ものや直売所で見つけたらぜひ買って春の味を楽しみたいと思いました。

料理方法

天ぷら   若芽や夏に咲く薄緑色の小花を天ぷらにすると美味しいそうです

和え物(酢味噌和え・胡麻和え)  熱湯に酢を少し入れてさっと茹でます

酢の物   生で食べるときは、酢水にさらしてあく抜きをします

煮もの   採取して時間が経つにつれてあくが強くなるので要注意(煮物以外のものも)

きんぴら  うどの皮もきんぴらにできるそうです

マリネ   スモークサーモンと

これがうどの花なんだそうです。

初めて知りました。

夏に見つけられるかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする